HOME>リクルート>先輩からのメッセージ

会社紹介
募集要項
先輩からのメッセージ
フレッシャーズコメント
採用担当者からひと言
選考の流れ
リクルートQ&A
会社説明会日程
徳山海陸会社紹介映像
お問い合せ

募集要項
キラリ山口企業ナビ
東京商工リサーチ
ふるさと山口合同就職フェア



海運部
陸運部
(倉庫運輸部門)
港運部
業務部
(コンテナチーム)
港運部
業務部
海運部
港運部
港運部
港運部
業務部
(コンテナチーム)
業務部










皆さんこんにちは!
2015年入社の (キョウキイ)です。
私は現在、業務部コンテナチームで中国&台湾向け、外国船の輸出業務を担当しています。入社前に短期間のアルバイトをさせていただき、コンテナチームのメンバーの一人として仕事の流れと内容を覚えていきました。このアルバイトのおかげで、入社後スムーズに仕事に溶け込むことができました。入社して担当を任されてからは、仕事が上手く進むよう心掛けながら、本船のアテンドを中心とした仕事をしています。
【業務部 

具体的には、各関係会社からPICKオーダーを受け取り、Informationを確認。スケジュールを作成し、各部門への連絡、本船到着当日の現場の方々への指示や、船長と打ち合わせなどをしています。外国船なので、外国語(中国語)で船長や船員と作業の流れを確認し、現場作業員に通訳しています。また、PICKオーダーやBOOKINGに関するトラブルの解決も行います。
仕事中、先輩方と働きながら日本の文化や習慣を勉強します。外国人なので、仕事のやり方や考え方などの違いが多いですが、どんな時も先輩方が親切に優しく教えてくださり、仕事の中で困った時も協力して解決しています。そんな環境で働けるのが本当に幸せです。
就職活動中の皆さんは、上手くいかない時や悩む事もあると思います。「失敗は成功の母である」ということわざがあります。何があっても負けずに信じる力を持ち続ければ、必ず成功します。今の私はまだまだ未熟ですが、いずれはこの仕事において必要不可欠な存在になる事が目標です。
私達と共に懸命に奮闘しませんか?元気よく、素晴らしい笑顔で何でもチャレンジしたいという気持ちがある方のご応募、お待ちしています!




みなさん、こんにちは。
2015年入社の田村です。
私は現在、業務部船舶代理店チームに所属しております。
その中で日本国内を航行している船(内航船)の代理店業務に携わっています。

【業務部 田村 彰】

船舶代理店とは、読んで字のごとく船舶の代理を務める業務です。詳しく説明すると弊社の業務の主戦場である徳山下松港は特定港に指定されており、船舶は特定港に入港または出港する際に海上保安部などの各官庁に届出を出す事が法令で定められています。
そこで、私たち船舶代理店が船舶並びに運行を管理する船会社に代わって届出をして、そこから派生して荷役作業の数量計算や協定書の記入をし、無事に徳山下松港から出港させて船会社から代理店料を頂いている仕事です。

入港する船舶の荷物は様々でLPG(液化石油ガス)などのエネルギー系やメタノールなどの化学薬品系からセメントなどの原材料系の荷物まで幅広く取り扱わせて頂いております。
これらの荷物が加工されて、私たちの日常生活を支えるモノや製品に変わる事を想像すると、私はこの代理店業務の使命感を感じられて、より一層仕事への意欲が湧いてきます。

この代理店業務において大切なことは船舶を滞りなくスムーズに入出港させることです。これは代理店業務においての永遠のテーマであるとも言えます。しかし、自然を相手にする仕事ゆえに海の上また船舶の世界は時々刻々何が起こるかわかりません。

だからこそ、代理店は何かイレギュラーな事象と対面した時にこそ真価が問われると思います。恥ずかしながら私はまだまだ慌てるばかりで身動きが取れず未熟さが出てしまっているところは今後の課題です。落ち着いた対応でかわせる様な一皮むけた代理店になることが私の目標です。

就活生の皆さん、それぞれ何かに挑戦していることだと思いますがどうか悔いのない挑戦であることを願っております。そして弊社で共に働く日を心待ちにしております。





仕事の魅力、就活生の皆さんへ

皆さんこんにちは!2014年入社の中嶋稔幸です。

私は現在、車のバンパーの製造原料になる輸出向樹脂製品の担当をしています。入社してしばらくは、現場技能職社員の方々と共に作業をして仕事の内容を覚えていき、担当を任されてからは、作業が円滑に進むよう心掛けながら、現場を回す事を中心とした仕事をしています。
【港運部 中嶋 稔幸】

具体的には、製品を詰め込むコンテナの手配から別の物流会社との作業手配や連絡、作業当日の現場の方々への指示や、作業終了後にコンテナヤードにコンテナを入れ、翌日作業の段取りを行うまでの一連の流れをこなしています。どの作業1つに支障が出ても仕事が上手く進まないので、その全てに気を遣わなければなりません。

最初は、作業の段取りや現場の方々への指示が上手くいかず、ここで自分はやっていけるのだろうかと不安に感じる事が多々ありました。しかし、その仕事一つひとつをこなしていくことで仕事が円滑に回るようになり、そうなるとことで自分の仕事に対してやり甲斐を感じることが多くなりました!初めて自分一人で現場を回せた時の嬉しさと達成感は今でも忘れられません。同時に、今までこの仕事を担当してこられた先輩方がどれだけ頑張ってこられたかもわかるようになり、自分がまだまだ未熟であるという事も思い知らされました。

先輩方や現場の方々と真剣に、時に楽しくコミュニケーションをとりながら仕事をしていく事は、様々な方と対話をし、多種多様な考えや人を知ることができ、日々自分を成長させてくれていると思います。その環境の中で仕事ができることが最も魅力的な事だと感じています。

就活中、皆さんはなかなか上手くいかないときや、大変の思う事ももしかしてあると思います。私も就職活動が上手くいかずに悩んだ時期もありましたが、現在は自分を選んでくれたこの会社の為に頑張ろうという気持ちが強くあります。今は未熟な私ですが、いずれは私がこの仕事において必要不可欠な存在になる事が私の目標です。

わからないことも質問しやすく、親切丁寧に教えてくれる先輩方がいる私達の職場で一緒に働きませんか?元気があり、何でも挑戦したいという気持ちがある方のご応募、お待ちしています!




日々、自分の成長を実感しています!

当社ホームページをご覧の皆さん、こんにちは!
2012年入社の多賀です。

私は現在、港運部に所属しており、重量貨物の荷役などを担当しています。
私たちの働く徳山下松港では、毎日たくさんの船や車両が行き交っています。私の仕事は、お客様から預かった貨物をスムーズに船や車両に積み込めるように、また安全・正確に目的地まで送り届けることができるように作業の段取り(計画・準備)をすることです。
【港運部 多賀 和雄】

大きなもので、数十から数百トンにもなる貨物を安全に運ぶためには、事前に十分なプランを練り、現場の方々との連携を密にしなければなりません。
責任は大きいですが、無事に船を送り出した時の達成感はそれ以上に大きいですね。
入社当初は、次から次へと船へ貨物が積まれてゆく作業の速さにただ圧倒されるばかりでした。現在では、頼れる先輩社員方や現場の方々のご指導の下、日々の経験の中で自分の成長を感じることができるようになりました。
まだまだ力不足ですが、頼もしい先輩社員方の活躍に近づけるよう、日々頑張っています。

徳山下松港から世界につながるスケールの大きな仕事は、当社の醍醐味です。
活気ある明るい職場で、私たちと未来の物流業界を支えてみませんか?

皆さんのエントリー、心からお待ちしています!




最高の物流マンを目指して!

2011年入社の原です。

現在私は、港運部に所属しています。
港運部の様々な仕事の中で、私が今、携わっているのはコンテナ船の仕事です。

主に、コンテナを船のどの位置に積むか等のプランを考えたり、徳山港で船から揚げられた輸入貨物を管理し、注文されたお客様のもとへと無事に届けるまでの段取りを行ったりしています。

【港運部 原 拓朗】

入社当時は、コンテナ船と言われても今まで見たことも無かったので、イメージすら湧いてこないというのが正直な気持ちでした。
初めて、コンテナ船を見た時はその船のスケールの大きさや現場の方々のスムーズな動きなどに圧倒されたのを今でも覚えています。
その時、私は何も役に立つことができず、自分にもこのような仕事ができるのかと不安な気持ちになりました。
しかし、その現場の方々をとりまとめ、的確に指示を出している先輩社員の姿を見て、自分もいつか先輩社員に負けないくらい現場作業員の方々に的確な指示を出せるようになりたいと思うようになりました。
私が、所属している港運部は大きく分けて、事務所の方と現場の方がいます。
私は事務所の立場として日々、現場の方々が、どのように作業をしたら安全かつスムーズに仕事ができるかを考えています。
自分の指示で現場の方が作業をするので、責任の重大さをいつも感じています。
しかし、作業をして、コンテナ船を無事に出港させることができた時の達成感や、現場の方から「原君のおかげで作業が上手くいったよ」などと言ってもらえた時の喜びは、この仕事を選んでよかったと思える最高の瞬間です。

私は、これからも先輩方や現場の方のご指導のもと日々成長し、最高の物流マンになりたいと思っています。
みなさんもこの達成感や喜びを感じて仕事をしたいと思いませんか?
仕事をするならやりがいのある仕事がいいとは思っていませんか?
弊社には他の職場にはない達成感や喜びに出会えるチャンスがたくさんあります。
少しでも、物流に興味がある方、仕事に達成感を求めたい方には、絶対に弊社がお勧めです。みなさんのエントリーを心よりお待ちしています。
私と一緒に最高の物流マンを目指しましょう。




アットホームな社風が魅力です!

みなさん、こんにちは。2011年入社の渡邊です。

私は、主に請求書の作成、伝票起票などの
業務を担当しています。
知識が全くない状態でのスタートだった為、
入社当初は簿記や専門用語・業務の概要を理解するのに
苦労しましたが、少しずつ仕事にも慣れてきました。
頼りがいのある、優しい先輩方にサポート
してもらいながら、のびのびと仕事をしています。

弊社の魅力は、社内外の行事を通して他部署の
先輩と関わる機会が多いという点です。
“堅苦しくない、アットホームな社風”という
言葉に惹かれて入社を決めた私にとって、
年齢・性別を問わず多くの先輩方と
親しくなれる弊社は、期待通りの最適な職場でした。

日常的な業務は責任感をもって丁寧に、
イベントは全力で楽しむ。
ON・OFFがしっかりしている弊社で働いてみませんか?
みなさんのエントリーお待ちしています。

【海運部  渡邊 彩】






I aim to super agent.

弊社ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
業務部・船舶代理店チーム・2010年入社の
波多野です。

元々技術屋の私は、クレーンや重機を扱う仕事や物を作る仕事が得意分野でしたが入社後の配属先は全く経験の無い事務職でした。

船についての知識も無く、知らない事だらけの仕事なので最初は不安でしたが、丁寧に教えてくださる先輩方の助けもあり、徐々に仕事に慣れることが出来ました。

知らない人とも気軽に会話が出来る性格が幸いして今では船に行くとお菓子が貰えるほど船員さん達と仲良くなることが出来ました。

【業務部 波多野 享慈】

船舶代理店チームの仕事内容を簡単に説明すると船が速やかに入出港出来るように手続きをする事と言えます。最初に基本の内航船代理店業務を覚えてから外航船代理店業務へとステップアップしていきます。予定通りに船が入港できない場合や風速が強くて桟橋に着桟できない事もあり毎日が勉強の日々なのですが、無事に船を出港させて船長に手を振る時はホッとしますね。最初は分からなくて当たり前!分からない事は何でも先輩に聞いてみれば必ず答えが返ってきます。我々は「我こそはスーパーエージェントだ!」と思われる方、エントリーを心よりお待ちしております。



コミュニケーションを大切に!

2008年入社の河村です。
現在私は、コンテナ船の仕事に携わらせていただいています。
一言にコンテナ船の仕事といっても、コンテナの中に荷物を積める人、お客様の所から港までコンテナを運ぶ人、コンテナを船に積む許可を取る人、コンテナを積むプランを考える人、実際に船にコンテナを積む人・・・等、様々な仕事があります。
【港運部 河村 昌一郎】

港運部 河村 昌一郎

その中で私は、主にコンテナを船のどの位置に積むか等のプランを考えたり、
実際に現場に出て作業を手伝ったりしています。
初めてコンテナ船に行った時は、船の大きさや現場作業の迫力に圧倒されて、
本当に自分にも出来るのか不安に感じましたが、そうした現場をまとめあげている
先輩社員の姿を見ているうちに、自分もいつかこうなれるように頑張ろうと
思うようになってきました。
パソコンで荷役プランを考えている時はボタン1クリックでコンテナを動かせますが、
実際に荷役作業の現場に行くとコンテナ専用の大型のクレーンや
キャリアと呼ばれる機械、それらを運転する現場作業員の人達の下、
コンテナは動きます。そういった意味で大変責任のある仕事ですが、
その分荷役作業が無事終了した時の達成感は大きいです。
私はこの一年でコミュニケーションの大切さを実感しました。
この仕事に限ったことではありませんが、大勢で一つの仕事をするコンテナ船は
それぞれの仕事という歯車が上手に噛み合って初めて動き出します。
そして、その歯車は人と人のコミュニケーションという潤滑油で円滑に回ります。
お互いにコミュニケーションを積極的に取り合うことでよりスムーズに
仕事が行われたり、行き詰った時に突破口を開くきっかけにもなります。
現場の人達の仕事がよりスムーズに行われるようにする事を最大の目標とし、
目下そのために与えられた仕事を正確に行えるように心掛けてこれからも頑張ろうと思います。



国際物流、やりがいのある仕事です。

皆さんこんにちは。
私の働いている徳山港では、毎日国内、国外のコンテナ船の入港があります。
コンテナ船の荷役には専門的な知識・技能を備えた多くの人が作業にあたります。
たとえばプランを作る人や通関を担当する人、船の上で作業を行う人がいます。
【業務部 山本 直樹】


私の仕事は、船の入港や出港がスムーズに行えるように手配を整えることです。
たとえば、外航船の場合は税関・入管・海上保安部などの官庁に入港を
連絡し許可をもらいます。その他、風が強い日は船が自力で接岸することができないため、
タグボートを手配するなど柔軟な対応が求められます。
もし手配ミスのため船が予定通りに着かない場合は、荷役に関わる多くの人に
迷惑が掛かります。そのため、天候や船の運航状況を常に把握しておかなければなりません。
予定通りに船が出港すると本当にうれしくなります。
当社の魅力の一つに社内の雰囲気の良さがあります。なかでも同じフロアの
港運部は特に元気な人が多く、社内はいつでも活気に溢れています。
現在、徳山海陸運送で扱っているコンテナ船は、
内航船と中国・台湾・韓国からの外航船があります。
様々な国の人と仕事ができるのも魅力のひとつです。
みなさんと一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。




入社の動機、目下の目標

こんにちわ!20007年入社の角田です。
今日は、わたしが当社に入社した動機をすこしお話してみたいと思います。
大学4年の春、就職活動を目の前にして将来何になりたいかを考えた時、最初は漠然としていて、特別これといった職業は頭にありませんでした。
そんなある日、連休があったので実家に帰省してみると、父も帰ってきていました。
【港運部 角田佳範】

わたしの父は、内航船の船員です。そのため一度乗船すると、1ヶ月は家に帰ってきません。その上わたしは県外の大学にいたので、久しく父とまともに会話をしていませんでした。そのとき父と久しぶりに持てた時間のなかで、子供の時にあった父親像だけではなく、なぜか苦労を重ねてきた一社会人としての父まで垣間見ることが出来ました。自分の将来の仕事を選ぶ、そんな時になり初めて父と同じ土俵のほんの端っこにに立つことができた気がしたからでしょうか?同時に海でする仕事の魅力も、父を介して感じとることができました。その時初めて、自分のしたい仕事が見えてきたように思います。
自分の進みたい道がおぼろげながら見え、企業を研究しているなかで徳山海陸運送の会社説明会があることを知り、エントリー,参加しました。地域に密着し、かつ長い実績がある。しかも私のやってみたい仕事が、生まれ育った街のすぐ隣街にある。説明会では、現在の上司にあたる先輩社員の、誠実で仕事の様子が実感できる話を聞き、その後数度の面接でも親しみ易い社風を感じて、「俺の職場はここだな」と思うようになっていました。
目下の目標としては、現在担当し始めた輸出コンテナの仕事、その現場を少しでも早く自分一人で動かすことができるようになることです。そのためには、先輩にわからないことは質問し、職場の同僚とのコミュニケーションも充分にとって、自分の情報アンテナを張り巡らしていきます。お客様と良好な関係をもち円滑に話を進められるよう、日々広いコンテナヤードで頑張っています。

コンテナ船
経過確認




物流に対してみなさんは?

みなさん、こんにちは。2007年入社の石倉です。
物流に対してみなさんは、どんなイメージを持っていますか?
私は、あえて「物流」とはこうであるとは決めつけたくはありません。なぜなら、物流は、時代とともに進化し続けているからです。しかし、私が、一言だけ言いたいことは、物流が時代とともに進化しても常に“お客様に満足してもらうサービス業”であるということです。
【陸運部 石倉 諭】

私が当社に入社を決めたのは、会社説明会で聞いた“当社は、愛品安全”をモットーにお客様から預かった品物を大切に保管・輸送し、お客様に届けているという話に興味を抱いたからです。
現在、私は、小口事務を担当していますが、お客様から預かった品物を破損、破袋がないように取扱うことを心掛けています。そして、お客様に満足してもらえるような人間になるためにも物流に対しての知識を習得し経験・力不足を補っていこうと思います。
“Heart Quality Speed” 
時代とともに進化し続ける物流の世界で、新しい時代を切り開いていける 皆さんと一緒に仕事が出来ればいいなと思っています。ご応募お待ちしております。



信頼と経験を!
海運部の秋本です。


2006年に入社し、海運部に配属されました。現在の仕事は内航船の貨物を決める仕事(配船)をしています。最近は、燃料高騰への対処策、船舶の老朽化に伴う代替船建造、若手船員の確保育成、など色々な課題が渦巻いていますが、様々な要求に対応しながらそのなかで、北は北海道から南は沖縄まで様々な荷物の中から各船に合った最適な荷物を探し出し、更に運賃交渉もしていきます。
【海運部 秋本 将太郎】

海運部 秋本将太郎
この仕事は、電話での営業活動が中心になるので、話(声)だけで相手と内容を判断し、なおかつ信頼を得ることが大切になってきます。信頼してもらえなければ、仕事や荷物の話をしてもらうことすらできません。実績と経験を積み、相手の信頼を得ることができて初めて認められるといった、担当者の資質によって様々に仕事を動かしていける世界です。自分の一挙一動がそれぞれ大きな意味を持ち、そのまま結果となるだけに、大きな責任とやりがいを感じることのできる仕事のひとつだと思っています。私も最近、やっと(数社だけですが)荷物の話をしてもらえるようになりました。そのときの充実感,満足感は一度味わうと病み付きですね。
今日も、取引先の方の信頼に答えるべく、各船に最適な荷物を決められるように頑張っています。



徳山海陸運送株式会社